何かいつもと様子が違う? - 梅太郎記

何かいつもと様子が違う?

病院受診


25日の朝、梅太郎の様子がいつもと違っていまして・・・。

朝はいつも、僕が起きると手の平の上にゴロンとひっくり返って「撫でて~」と要求してくるのですが、何故かこの日は近寄って来ずに離れたところで寝ていました。

「まあ、そんな日もあるよね」と思いながら、朝のお散歩代行の仕事へ。

仕事を終えて戻ってくると、いつもなら玄関までダッシュでお出迎えしてくれるのですが、いつまでも出迎えは無し。
「どこにいるんだろう?」と居場所を確認すると、クレートの中にいて「クゥ~ン」と鳴いていました。

「腰か!?」とすぐに思ったのですが、しばらくすると自分から歩いてクレートから出てきたので、あちこち体を触ってみても痛みの訴えも無かったので、しばらく様子を見ることにしました。

その後、朝ごはんをあげたんですが、またしても変な感じが。
食べ終えたのに、何故かその場から動こうとしなかったんですね。

その時の様子は、動こうとしないというか、立ったまま動けないような感じに見えたので「やっぱり何かおかしい」と思い、朝イチで動物病院へ。
診察台の上では怖くてブルブルですし、床に降ろせばニオイを嗅いで歩けていたので症状はよくわかりませんでしたが、首か腰の疑いがあるので痛み止めの注射と薬で様子見に。


病院受診


病院受診後は、僕が帰宅すれば走ってきてお出迎えもしてくれたのですが、いつもはピョン!と軽く飛び乗るような段差もゆっくり上ったりしていましたし、翌日の朝には一度だけですが飛びついた時に「キャン!」と鳴いたのでおそらく腰だと思われます。


これ以降、特別痛みは無さそうで良かったのですが、後から振り返ると前兆があったんですね。

病院に行く数日前、抱っこから降ろそうとした時に2度ほど、「キャン!」と鳴いたことがあったんです。
その時は、「毛でも引っ張っちゃったかな?」くらいしか考えませんでしたが・・・。

今回のように、いつもと何か違うということに気づくためには、普段から様子観察が大事ですね。
犬自身が言葉で不調を教えてくれるわけではありませんから、飼い主として気づけるようになりたいと思います。


今はだいぶ調子が良さそうなので、少しずつ様子をみながら徐々に散歩も再開しています。



小田原・犬のしつけNuzzle(ナズル)
http://www.dog-nuzzle.com
出張しつけ・お散歩代行・ドッグシッター申込み受け付け中です。



ランキングに参加しています。
押してもらえると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わしやま

Author:わしやま
小田原市在住(男性)
出張ドッグトレーナー

小田原で犬の出張しつけとお散歩代行、ドッグシッターを行っています。
人と犬、お互いが穏やかに暮らせるようなお手伝いをさせていただいております。

よろしければ、HPもご覧ください。
http://www.dog-nuzzle.com


・愛玩動物飼養管理士1級
・ペットシッター士
・PDTA認定ドッグトレーナー
・CDSリードワークワークショップ
 全5回修了
・CDS新アドバイザーコース受講中


梅太郎(うめたろう)
ミニチュアダックス ♂
2016年6月で5歳になりました。

社会化不足で苦手なうえに、しつけ方法の選択を誤り余計にこじれさせてしまいましたが、徐々にいろいろなことに慣れてきました。
(状況によっては吠えることもあります)
散歩で他犬とすれ違う時にも、だいぶ吠えずに対処出来るようになってきています。

来訪者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック