アウトプット - 梅太郎記

アウトプット

名前を呼んでオヤツのデモ


前回の続き。

今回の小田原お散歩トレーニングでは、『名前を呼んでおやつ』のデモをさせていただきました。

梅太郎とデモをしたのは初めてでしたが、説明している時にたまたま吠えずにいてくれたました。
こちらの雰囲気を察してくれたんでしょうかね。

「初めての方にもわかるように説明を・・・」と先生からプレッシャーをかけられましたが、とりあえず動揺はせずに説明出来たのではないかなと思います。

説明に関しては振り返って考えると、まだまだ説明不十分なところがありました。

初めての方に「古典的条件づけ」と言って伝わらないかも?とか、名前を嬉しい言葉にして何をしたいのかを説明出来ていなかったな~とか、デモなので簡潔に説明した方が良かったのか?等考えています。


名前を呼んでオヤツのデモ


今、脳科学者の茂木健一郎さんの本『ひらめきをカタチに変える58の方法』を読んでいるのですが、「わかっちゃいるけど出来ない時どうすればよいのか」ということが書かれています。

見る・聞く・感じる等を通した情報の入力を司る「感覚系回路」と、実際に手足を動かして情報を出力することを司る「運動系学習回路」のバランスが悪いために、「いいものがわかる」のに「実現できない」ということが起こるそうです。

さらに運動系は反復によってしか鍛えることが出来ないとも書かれています。


いろいろな勉強をしてきても、いざ自分で説明しようとすると上手く説明できないのは、今まで人に伝えるということをしてこなかったからですね。
だとすると、上手く出来ないにしても、繰り返し挑戦しないと上手くはならないということですか。
能力の限界でないことがわかって、ちょっと安心。



あと、しつけやトレーニングににオヤツを使わないことが良い事のようにおっしゃられる方もいますが、無条件に好きなおやつを対提示することが古典的条件づけ、拮抗条件づけには有効なことだと思います。


僕はオヤツを使うことが悪いのではなくて、使い方の問題だと考えています。

しつけも同様で、しつけそのものがいけない訳では無く、しつけ方の問題ですよね。

最近は、いろいろな言葉で表現してしまうことで、余計に分かりづらくなっていることが多くあるような気がしています。


課題としては、シンプルな言葉で分かりやすく伝えること。

それも反復練習なんですよね。

頑張ります・・・。



小田原・犬のしつけNuzzle(ナズル)
http://www.dog-nuzzle.com
出張しつけ・お散歩・ドッグシッター
申込み受け付け中です。


イベント・お茶会開催します。
「愛犬ともっと楽しく生活するためのコミュニケーション術」
4月28日(木)14:30~16:30
場所 dog cafe moi moi (ドッグカフェ モイモイ)
定員6名 先着順受け付け
お申込み ドッグカフェ モイモイ
TEL 0465-48-4708
お問い合わせ Casa di Spink(スピンクの家)


ランキングに参加しています。
押してもらえると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わしやま

Author:わしやま
小田原市在住(男性)
出張ドッグトレーナー

小田原で犬の出張しつけとお散歩代行、ドッグシッターを行っています。
人と犬、お互いが穏やかに暮らせるようなお手伝いをさせていただいております。

よろしければ、HPもご覧ください。
http://www.dog-nuzzle.com


・愛玩動物飼養管理士1級
・ペットシッター士
・PDTA認定ドッグトレーナー
・CDSリードワークワークショップ
 全5回修了
・CDS新アドバイザーコース受講中


梅太郎(うめたろう)
ミニチュアダックス ♂
2016年6月で5歳になりました。

社会化不足で苦手なうえに、しつけ方法の選択を誤り余計にこじれさせてしまいましたが、徐々にいろいろなことに慣れてきました。
(状況によっては吠えることもあります)
散歩で他犬とすれ違う時にも、だいぶ吠えずに対処出来るようになってきています。

来訪者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック