ニオイ嗅ぎのシグナル - 梅太郎記

ニオイ嗅ぎのシグナル

今日は「ニオイを嗅ぐこと」についての続きを。

カーミングシグナルという言葉を聞いたことがありますか?
今ではいろいろなトレーナーさんが本を出されていますが、ノルウェーのテゥーリッド・ルーガス(Turid Rugaas)さんが有名ですね。


本はこちら↓
カーミングシグナル
※梅太郎は寝ていたので、付き合ってくれませんでした。


「カーミングシグナル」(2009/8/31)
出版社: エー・ディー・サマーズ


カーミングシグナルを簡単に説明すると、ストレスを感じた時に自分を落ち着かせようとしたり、敵意がないことを相手に示したり、なだめたりするために出すボディランゲージといったところでしょうか。
犬は吠えるだけでなく、ボディランゲージでも自分の気持ちを表現しているんです。


例えば正面から犬や人が近づいてきた時に顔をそらしたり、地面のニオイを嗅ぐことがあります。

そのシグナルは、相手に敵意がないことを伝えたい時や関わり合いになりたくない時、自分が落ち着きたかったり相手を落ち着かせたい時などにする行動と言われています。


ニオイ嗅ぎ


さて、散歩中ニオイを嗅がせることについて、どう思われますか?

全てのニオイ嗅ぎを止めさせようとしてしまうと、犬は他犬に対して上手にシグナルを出せませんし、シグナルを出せないことで自分の安全を守ることが出来ないと思ったとしたら、攻撃的な行動をとってもおかしくはありませんよね。


また、短いリード(1.2m)を使っていることで、犬自らがニオイを嗅ぐシグナルをだそうとしているのに、飼い主が邪魔してしまっている場合もあります。
他犬と離れたいと思って動いただけで、リードが短いために首にショックが入ってしまうこともあるかもしれません。


僕自身3mリードを使いだしてから、まだ半年も経っていないのですが、

他犬が近づいてきた時に、梅太郎が地面のニオイを嗅いでやり過ごしていたのを見てハッとしたことがあります。

他犬に向かって行かないように、いつもリードを吊り上げ気味に持っていたかもしれないと気づいたんですね。

飼い主(僕)がリードを引っ張ることで犬(梅太郎)の回避行動を制限してしまい、余計に他犬に吠える行動を誘発していたかもしれないんです。

それからは他犬とすれ違う時に飛び出させないようにはしていますが、出来るだけ梅太郎の動きを邪魔をしないような方法で回避するように取り組んでいます。


ニオイ嗅ぎ


何回かに分けてニオイを嗅ぐことについて書いてきましたが、要するに「犬にはニオイを嗅がせてあげてください」と言いたかったんです。

犬が何故その行動をするのかということを考えて、学ぶことで、いろいろと見えてくるものがあるのだと思います。


あれもいけない、これもいけないと犬をコントロールしすぎることが、たくさんの大切なことを見えなくさせてしまうのかもしれませんね。
僕も梅太郎の感情を見ていなかったり、見えなくなっていた事があるので・・・、気をつけます。



※今回紹介した本ですが、カーミングシグナルについてだけでなく、犬を育てるうえで大切なことが書かれています。
いろいろな「しつけ本」を読む前に読んでいただきたいと思う内容です。

少しだけ抜粋。
❝犬に尊敬してほしいのなら、あなたが犬を尊敬しなければいけません。よい関係というのは相互通行であり、ほどよいバランスがとれた一体感の中で、一緒に暮らすことです。(P54より)❞

犬が好きな方は、ぜひ読んでみてください。




小田原・犬のしつけNuzzle(ナズル)
http://www.dog-nuzzle.com
出張しつけ・お散歩・ドッグシッターお申込み受け付けています。



ランキングに参加しています。
押してもらえると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

初めまして。
カーミングシグナルシグナルの存在を知って10年近く、ッ目から鱗がたくさん剥がれ落ちた一人です(笑)

犬の言葉を理解するとまた違った世界が見えて面白いですよね。

小田原は最近行ってませんね、里親会の開催で何度かお邪魔させていただきました、まりこさんには大変お世話になっていましたから懐かしいです。

Re: 初めまして

ぶんたさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> カーミングシグナルの存在を知って10年近く、目から鱗がたくさん剥がれ落ちた一人です(笑)
> 犬の言葉を理解するとまた違った世界が見えて面白いですよね。

僕は目から鱗が落ちて間もないので、まだまだ理解出来ていないところも多いのですが、それでもカーミングシグナルを知ったことで、犬のコントロールされた動きよりも自然な動きを見ることが楽しいと思えるようになりました。
ぶんたさんのブログも読んで勉強させていただきますね。

小田原といえば梅ですから、機会がありましたらぜひ。
プロフィール

わしやま

Author:わしやま
小田原市在住(男性)
出張ドッグトレーナー

小田原で犬の出張しつけとお散歩代行、ドッグシッターを行っています。
人と犬、お互いが穏やかに暮らせるようなお手伝いをさせていただいております。

よろしければ、HPもご覧ください。
http://www.dog-nuzzle.com


・愛玩動物飼養管理士1級
・ペットシッター士
・PDTA認定ドッグトレーナー
・CDSリードワークワークショップ
 全5回修了
・CDS新アドバイザーコース受講中


梅太郎(うめたろう)
ミニチュアダックス ♂
2016年6月で5歳になりました。

社会化不足で苦手なうえに、しつけ方法の選択を誤り余計にこじれさせてしまいましたが、徐々にいろいろなことに慣れてきました。
(状況によっては吠えることもあります)
散歩で他犬とすれ違う時にも、だいぶ吠えずに対処出来るようになってきています。

来訪者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック